ふるさとワーホリ

ふるさとワーキングホリデー スタート

こんにちは、ヒデリックです。

30歳で仕事を辞めて、7ヶ月のニート期間を経て、ガッコの先生をやって、今の仕事につきました。

本当にやりたいことは何かと模索しながら転職活動をしていた時に、ふるさとワーキングホリデーに出会いました。

ヒデリック
ヒデリック
福井県に2週間行ってきました
たぬたぬ
たぬたぬ
ふるさとワーキングホリデーについては下の記事見てね
ふるさとワーキングホリデーとは?こんにちは、ヒデリックです。 30歳で仕事を辞めて、7ヶ月のニート期間を経て、ガッコの先生をやって、今の仕事につきました。 ...

このブログはふるさとワーキングホリデーの体験記となります。




ふるさとワーキングホリデー

①ふるさとワーキングホリデーってどんなことするの?

ふるさとワーキングホリデーの記事で紹介しましたが、

地方でアルバイトをして、休日に旅行をするというものです。

この制度を利用して行くと地方で働けるという体験ができるだけでなく、宿泊費やその道府県内の移動費補助が出る制度です。

ヒデリック
ヒデリック
ヒデリックの泊まったところは宿泊補助を受けて、実費は1泊あたり400円だったよ

地域や受け入れ企業にもよりますが、農業をしたり、温泉施設で働いたり、スキー場で働いたりできます。

ふるさとワーキングホリデーの収支公開こんにちは、ヒデリックです。 30歳で仕事を辞めて、転職活動中にふるさとワーキングホリデーに出会いました。 https://...

②ふるさとワーキングホリデー福井県

ヒデリックが第一希望で出して参加したのは「観光物産」でのお仕事。

ここからはちょっとテイストを変えてヒデリックのキャラ全開で文章を書いていきたいと思います。

>>③ふるさとワーキングホリデーの注意点へ飛ぶ

月と太陽がまだ交代しない時間に家を出た。

スーツケースをガラガラ、ガラガラガラガラ(ガラが多い〜ガラは2でえぇ(ノブ風)
と引きながら駅に向かう。

このスーツケースには、『人前に出れる私服』が入ってる。

「仕事着はエプロンを貸与するので、動きやすい私服でお願いします。
特に条件はありませんが、人前に出れる私服ですね」と。

あぁ常識の範囲というやつですね。

一番困るやつです。

普段冬に長期の旅行はないからわからなかったけど、こんなにかさばるんですね…

ATMでお金をおろそうとするも、日曜日は8時からの取り扱いで使えません。

果たして福井駅でお金を下ろすことができるのか。

できない場合クレジットカードは使えるのか。

という一抹の不安を抱えながら銀色の箱に運ばれていきました。

そして、品川で旅のお供を選びました。

朝食に1300円ってもうサラベスやビルズに並べるじゃん!と思いながら、

でも、旅行気分を上々↑↑にするために、ここは食べたいものを食べよう!

皆なろーでお馴染みの3776m、日本一の富士山を横目に食後のマーチを頬張り、コーヒーを啜る。

米原で新幹線から特急に乗り換え。

雪化粧を始めた山々
ただただ広がる畑
瓦屋根に積もる雪
無人の駅

THE田舎が目の前に広がっていきます。

同じ場所に2週間という長期滞在は日本では初めての経験でした。

福井に5分の遅延で到着しました。

この5分の遅延が色々と計算を狂わせました。

間に合うと思っていたみずほまでの距離往復15分。

走るしない。

スーツケースをセリウンティヌスに仕立て上げて、走れヒデリック。

とするには時間もなくて、スーツケースを連れて猛ダッシュ。

間に合った汗

さすがは世界的ブランド「ユニクロ」

上下ヒートテックのヒデリックはこの季節に似合わぬ、額に汗。

 

えちてつのアテンダントに微笑まれながらの出発。

そして、単線の路を電車は進みます。

しばらく電車に揺られ、到着!!

お迎えに来ていただいた方に挨拶をして、2週間お世話になる職場へ!!

そこで七草がゆをいただきました。

簡単なオリエンテーションを終え、

 

この観光物産は、地元のお土産の販売のほかにカフェが併設しているので、接客や販売、コーヒーを入れたり、食器洗ったり等を担当しました。

今回初めてふるさとワーホリの受け入れを始めたらしく、女の子が来ると思ってたらしいけど、ごめんね、ヒデリックで。

ヒデリック
ヒデリック
女子大生⇨30歳のコアラ

宿の周りや駅の周りにコンビニなし。(徒歩20〜25分くらいの場所にコンビニあり)

食事処なしで、食事はつかない。

 

ということで、初日の夜はコンビニ弁当でした。




③ふるさとワーキングホリデーの注意点

ヒデリックが参加してみて、希望勤務地を選ぶ際の注意事項をお伝えします。

①職場と滞在先の距離

②職場と滞在先付近の情報確認

③滞在先と観光地の距離

①職場と滞在先の距離

ヒデリックは紹介してもらった職場と滞在先が徒歩5分くらいの場所を借りたので、職場への出勤は徒歩で行けたからよかったのですが、大雪が降ったら、10〜15分くらいかかりました。

②職場と滞在先付近の情報

福井県に関わらず地方は車社会だと思うので、大きな駅でない限り駅前にもコンビニはないことも多いです。

ヒデリックも体験記にも書きましたが、初日はコンビニ弁当、基本はスーパーのお惣菜を食べて過ごしました。

普通に住み込みの貧乏学生みたいな食事でした。

何回か電車に乗って、福井駅に行ったりもしましたが、仕事終わりに出かけるのもまぁまぁしんどかったので、スーパーのお惣菜と翌朝のパンを買って帰る毎日でした。

ということで、職場と滞在先付近の情報も選ぶ条件の一つに入れましょう。

③観光地までの距離

休みの日に観光に行くことも考えて職場や滞在先を選ぶことも頭に入れましょう。

休みの日に観光できるというのもふるさとワーホリの魅力の一つです。

観光計画もしっかり立てることもお忘れないように。

福井県の観光スポット9選〜ワーホリ編〜こんにちは、ヒデリックです。 30歳で仕事を辞めて、7ヶ月のニート期間を経て、ガッコの先生をやって、今の仕事につきました。 ...

※現在はコロナウイルスの影響で中止をしているところも多いので、必ず確認をしましょう。

たぬたぬ
たぬたぬ
いいねと思ったらポチッとしてね↓

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ヒデリック