グアム旅行

ヒデリックファミリーのグアム旅行〜後編 自由人の団結〜

Hafa Adai!This is Hiderick.

前回ご紹介したドタバタファミリー旅行記の続編です。




簡単に前回のあらすじを紹介すると・・・

社会人2年目の夏休みに母親の誕生日プレゼントで夢だった家族で海外旅行に行きました。

行き先はグアム。

ヒデリック
ヒデリック
海外家族旅行を叶えた地グアムで、もう1つの夢「海外勤務」も果たすとはこの時は思ってなかったなぁ

出発時刻の4時間前に集合時間を伝えるも90分前の到着の母。

機内に100mlを超えるボディクリームを持ち込もうとして止められて、捨てるように支持されたところ「買ったばかりなのよ」とクレームをしました。

破棄しないといけないことを伝えると家族全員集合して全身にボディクリームを塗りたくって全員がいい匂いで出発。

入国審査官に指紋を肉眼でチェックさせようとした母を筆頭に、ドタバタな初日が終了。

(気になる方やまだ読んでない方は前編をお読みください。)

ヒデリックファミリーのグアム旅行〜前編トラブルだらけの初日〜Hafa Adai!This is Hiderick. 「いずれは家族を海外旅行に連れていきたい」 「親孝行をしたい...

ヒデリックファミリーのグアム旅行〜後編 自由人の団結〜

母、姉、姪(姉の子供)、妹、弟とヒデリックの6人で、グアム旅行にいきました。

母親の分はヒデリックが、学生だった弟の分は兄弟で負担でグアムに行きました。

海外旅行は母親が昔に報奨旅行でハワイに行ったことがあるくらいで、他の家族はパスポートを取るところから始めました。

では、2日からのグアム到着編からスタート!

1、2日目 PICホテルを遊びつくせ

滞在したホテルはグアム3大ウォーターパークの1つであるパシフィックアイランドクラブグアム、通称PICグアムです。

ちなみに、グアム3大ウォーターパークとは「PIC」「オンワード」「ターザ」です。

PICとオンワードはホテル内に、ターザはグアムプラザホテルのすぐ裏にあります。

まずはPICのレストランで朝食。

ビュッフェスタイルの朝食にヒデリックファミリーはみんな自由なので、好きなものを取ってきます。

パンのベルトコンベアのような自動パン焼き器があって、パンを入れるとベルトコンベアーが動いて、適度に焼かれたトーストが完成する機械に驚く弟に使い方を教えてあげました。

姪っ子も楽しそうに好きなものを取ってきました。

すると店内が焦げ臭くなりました。

「え?なんか焦げ臭くない?」と姉が言いました。

パンのあたりから焦げ臭い匂いがしているのに気がつきました。

 

ええ。

 

 

母親です。

 

 

8枚切りの食パンくらいしか入らない自動パン焼き器にその2.5倍くらいの高さのあるクロワッサンを入れて焼いていて、それがパン焼き器の中で引っかかってしまい、パン焼き器はクロワッサンをひたすら焦がしていく機械へと変貌を遂げました。

母親はトングでクロワッサンをひたすら砕くという職人へと化していきました。

ようやく職人がクロワッサンとの格闘を終えると店内に焦げ臭さは充満して、その犯人が母親だということも全員に知れ渡りました。

レストランの店員さんも遠くで苦笑い。

すると母親は「こんなに困っているのにレストランの人誰も助けてくれなかった。クレームしようかな」

兄弟全員で止めました。

ヒデリック
ヒデリック
どう考えても母親が悪いでしょ!

それから、みんなでプールや海で遊び尽くしました。

通常のプールはもちろん、子供用のプール、泳ぐためのプール、ゲーム用のプールやウォータースライダー、カヤックなどたくさんのプールとアクティビティが豊富です。

音楽が流れてきたらスタッフさんと一緒に踊りました。

母親も姪っ子もとても楽しんでいました。

ウォータースライダーで順番待ちをしていると

「え?何?何言ってるかわかんないよ!」とスタッフさんに向かって日本語で応戦している半ギレの妹。

話を聞くとスタッフさんは「水着かわいいね」と妹の水着を褒めてくれていたのです。

そのことを妹に伝えると「いや、わかんね〜し。日本語で言えし」

ヒデリック
ヒデリック
ギャルは強いね、こういうとこ

そして、夜はポリネシアンディナーショー。

遊び疲れて眠りにつきました。




2、3日目 ダイビングとショッピング

3日目は別のカフェで朝食を取りました。

この日は前日PIC内にある泳げる水族館ダイビングに申し込めたらやろうという話になり、申し込みに行きました。

泳げる水族館は午後から、ダイビングは午後遅めの便なら空いているということで、午前はまたPIC内のプールとビーチで遊びました。

泳げる水族館とは、ライフジャケットをきた状態でゆっくりと泳いで上から熱帯魚を眺めることができる海水のプール(水族館)です。

ダイビングはPIC内にあるダイビング専用の練習プールでダイビングの基礎を学びます。

そして、プールでの練習を終え、いざ船に乗ってダイビングスポットへ行きました。

母親と姪っ子はダイビングではなくシュノーケリングで参加。

グアムの海は透明で、途中タコツボからタコを出して、ダイビングインストラクターのハゲ頭に吸盤をつけるアトラクション?があって、酸素ボンベつけてるのに溺れそうになるくらい笑いました。

夜は街にでて買い物と夕食を取りました。

妹がDFSで買ったブランド品の入ったリュックを大事に持つ弟がかわいいなと思いながら、グアムの最後の夜を過ごしました。

3、4日目 空港で連れていかれる妹

翌日、PICに別れを告げていざ空港に向かいました。

初めての家族での海外旅行を無事に終えようとしていました。

ヒデリック
ヒデリック
全然無事じゃない!!

10月だったので、日本に帰ると少し肌寒いかもと1枚上に羽織ることにしました。

妹もキャミソールとホットパンツでしたが、上にニットのポンチョを羽織っていました。

そして、出国の際、順調に通過していたと思っていましたが、妹が引っかかっていました。

家族で、不法滞在でしょっ引かれる外国人パブのお姉さんみたいだねと笑っていたら上のニットを脱がされました。

キャミソールとホットパンツになり、ガサ入れに入ってそのまましょっ引かれている図となりました。

原因はおそらく、ニットのポンチョについているアクセサリーが金属探知機が反応したのだろうけど。。。

帰りの飛行機は母親一人だけ前に2席分離れてしまいましたが、なんとか無事に帰ってくることができました。

 




海外旅行初心者のみなさまへ
(海外旅行初心者を連れていくみなさまへ)

オススメの旅行先はグアム→移動時間が3時間半、時差1時間、治安が比較的良い、日本語が通じるところもある

・空港集合時間は2時間前→遅刻魔には4時間前に伝えても90分前に来る

・機内持ち込み荷物に持ち込める液体の場合100ml以下→新品のボディクリームを持っていたら、いい匂いになって出発するか捨てるしかない

・耳が痛くなる原因は気圧である→気流でも気候でもない

・飛行機の座席は新幹線の座席のように向かい合わせにはならない→逆向きで出発なんてジェットコースターより怖くなる

・入国審査官には指紋を見せない→指紋を読み取る機械がある

・食パンしか入らないオーブントースターにクロワッサンを入れない→レストラン内が焦げ臭くなる

・家族でグアムは最高である

家族で海外旅行という夢を叶えたグアムに、4年後海外勤務という夢を叶えにやってくることはヒデリックはまだこの時は知らない。

旅行会社海外駐在員の仕事こんにちは、ヒデリックです。 「海外の旅行会社で働くのは楽しそう〜」 ヒデリックは旅行会社の海外駐在員として働いて時によく言...

 

ヒデリック
ヒデリック
ブログ村のランキングに参加してます
たぬたぬ
たぬたぬ
ブログが面白いと思ったらポチッとしてね

 

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村

ヒデリック